« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

目の前のことをする

努力が努力する。

弥陀まかせ。

勝手に良くなるだろう!と、やってますが、不思議とこれが良いようです。

やるぞ!維持するぞ!時の最前線!外向き!とやってた時は

なぜか、出来たようで、出来なかったり、の繰り返しでしたが、

ええい、ままよ、とまかせてみたら

あら、不思議

不思議と外向き、時の最前線をさせてくれます。

で、昨日、はは~ん

なんだ、今、見る、聞く、喋る、

この、今のことをやってたら、時の最前線、外向き、じゃないか

なんだ、何を努力していたのかと思いました。

今のことを、タンタンとやること、だけで良いのです。

ただ、まだ タンタンと の タンタン が タンタン でないことがあります。

この タンタン と やることを続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

努力が努力する

宇佐療法のブログ「面倒くさい」と思う時・・」の

不識さんからレッドさんへのコメントに

「努力が努力するんです」とあります。

勝手にさせる、するようにさせる

自分は今までのまま

毎日、その日のことをして、考え、食べ、

自分対自分もし

そんな自分に働く、「努力」

自分で、自分を変えようとせず、ただ、まかせる

まかせるもなく、やりたいようにしている

こんなことを、やっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっております、考えてはおりません

朝 起きる。 

やらなくちゃ と 思う。 

しなくちゃ とも 出る。 

しかし、これは すべて 内向き の こと。 

顔を洗う。朝食を食べる。歯を磨く・・・・ 

と、動いてると、感じる。 

時の流れ。 

スイッチの入れ替え。 

内向き、外向き 

内向きに、自分対自分に、ならないように、 

なってたら、そのまま・・・自然に、自分対自分が消えていく。 

乗ってる、すでに乗ってる、から、落ちないようにする 

内向きにならないように 

今を生きる 

とやっております。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいま実行中

やることを する。

宇佐療法のブログ 不識さん

「デスクトップから離れ、あらゆるスクリーンから離れ、耳のはたらき、眼のはたらき・・・

そういうはたらきにまかせ、眼の前の状況と一如に動かされて行くようにお願いします。

それは、ごみが落ちていたら、もよおされるまま、ごみを拾うように。」

やさしい・しんらん予備校 井上さんの 言われる

時の最前線

「問題のポイントは、悩みのもとである意識・認識・心の働きそのものにとらわれて、

その意識・認識・心の働きの外に一歩として出られないということでした。つまり、

心の働き自体が、心の働きの微妙で自在な活動に惑わされて、そこから少しも出られず、

心の働き・認識・意識の中にあって、意識の内容だけを問題にし続けていた

という事に気づいたのです。そこで、わたしは、意識の内容など問題とせず、

「なにもしない」ことに集中しました。」

ここのところを

「なにもしない」こと「眼の前の状況と一如に動かされて行くこと」を「「やる」。

しかし、正直、ため息も出ます。

疑いもでます。

どうしてこんな心が、と思います。

が、そんな心が出ても、

目の前の事実に任せ、任され、ジタバタせず(なにもしない)。

進むのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »