« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

義なきを義とす

三聖さん コメントありがとうございました。

これも、大変、大切なことですので、記事として返信させて頂きます。

この2週間あまり「方向は定まった」と言いながら、迷ってました。

AでなくBだ。

では、Bを維持するには・・・

「ここか、これの維持か」

「そうか、この雰囲気か」

Bだと言いながら、これではAです。

その、すべてを、そのまま放っておいて・・・・

そこまで。

そのまま、もない、そのまま。

三聖さん

間違った方向がわかって、身についたら、

これだという定まった方向(外・目の前)も忘れてください。

仏道で大切な事、

気づいた事を大事に取っておかないことです。

それも手放しです。

ただいま

Aが分かったら、AはAのまま。

良い、悪い、は、なしで、

湧くものすべて、認めて、そのまま。

「この雰囲気か」が湧けば

そのまま、

そのままにするのではなく、すでにそのまま。

何が湧こうが、

こんなこと考えるようでは・・・

もA。

湧いたものが事実。

その、どんどん、いろいろ湧いてくる。

あるがままに、そのまま手放し。

義(A)なきを義(B)とす。

と書くは易しですが、実行です。

タイトルは、やさしい・しんらん予備校 井上さんのページからです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »