« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

何ともしゃんとしない

何と言って良いか。

本当に「信心とはどうすれば~」がないのは楽ですが、

これと言って「これ!」もないし、したがって、ブログに書くこともない。

自分がどんな状態なのかさっぱり分からないでおります。

が、煩悩さんは盛んで、毎日、命じられるままに動いています。

反省しないで。

井上さんとのメールです。

井上さん こんにちは「何もしない」から2カ月が経ちました。どうかと言うと、特

に 変化はありません。

皆目、信心を頂けるような気もしません。毎日、脳みその働きのままに、煩悩まみれの

生活を送っています。

しかし、ゴルフと同じで、練習中に「これか」「この感覚か」「分かった、ここだ」

「 もしかしたら、この感じか」 「ふむふむ、ここが悪かったのか」と考えるように、

「信心頂ける」についても、同 じように、自分のちょっとした感覚の変化を

「これかも」「ここが新しく分かったかな」

「いままでこれをしてなかった」・・・とどんどん出て来ます。

また、反対に「これで いいのか」「こんなんじゃ信心なんて」

「何かをしなければいけないのでは」とこれ ま た、どんどん出て来ます。

この「○」「×」どちらも相手にしない。ついついどちら か

に引きずられそうになりますが、

こと「信心」においてはそれのみでやっています。従って、「何もしていません」。

井上さん

■「何もしていません」事に納得しておればいいです。

また、そうでなければな

りません。そうである事が自然法爾です。

「○」「×」どちらも相手にしない。これでいいです。ごちゃゴチャ湧いてくる

のが脳みそです。脳みそは、五臓六腑のひとつです。

身体の不思議に御おまかせですね。

井上幹堂

ま、取りあえず、このまま行くので良いようです。

と書きましても「本当にこのままで」が、また出て来ます。

どちらも必要なしで。

が、よく分かりませんです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

楽だな〜

すこし間が空いてしまいました。

あまり何もしないので、俺は元の状態、悟りなんて、信心なんて考えてもいなかった

状態に戻ったんじゃないかと・・・

少しモヤモヤしておりました。

正直、何も求めていなかった自分がどのような意識状態で生きて

いたのか良くわかりません。

それは井上さんも言われてました。

ど〜なっているのか、今も良く分かりませんが、

最近は、何もしなくて、煩悩のままに生きて信心得られるなら

楽なことだな〜と感じています。

今まで、ああだ、こうだ、ああか、こうか と散々やって来ましたので、

このままで良いなら、何も努力しなくて良いのなら、自分が自分と対決しなくて

いいのなら・・・楽だな〜と。

温泉入って「あ〜ごくらく〜」と言ってるような部分があります。

もちろん煩悩は湧いて来ます。

列車内、機内での移動中

今までですと、やらねば、とねじり鉢巻状態で

出来ない、これか、この維持か、これじゃダメだぜ・・・

となってましたが、今は

やることがないので、お、きれいなCAさんだな〜

隣のおじんさんタバコ臭いな〜

隣に誰も来なければいいな〜 あ、来やがった・・・

と湧くままにしています。

の、しています。もないです。

ただ、頭の風通しの良い状態(認識している状態)で、

特に、しよう!とも意識していなくても、自分の煩悩が自然に認識出来るようです。

認識出来る時は、認識したまま、認識出来ない(風通しの悪い時・・・これが

信心に近いと井上さん、三聖さんが言われている状態)

では、もう一人の自分がいませんので、当然そのまま。

三聖さん・・・自分を観察した時だけ、「私」があるんです。

ほんとは気づかないだけでしょっちゅう忘我なんです。

の状態です。

昨夜、ふと思ったのですが、道を求めた初期。

もし自分が救われるとして、神はどうやって自分と他人を区別するのだろうか?

信号で赤信号でみんな渡っているのに、私はちゃんと待っていた。

菜食してる。

などなど、何か違いがないと神様も区別出来ないのではないかと思ってました。

また、不安でもありました。

そうだな〜以前はそうやってウンウンやってたな〜

と。何もしなくてよかった、とまで行きませんが、

何もしないのは楽だな〜と思っています。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »