« 自転車操業 | トップページ | 一本の道 »

やることは1つなのだが

連休がありますと、またばたばたとして、なかなか落ち着けないもので

御座います。

最近は「どうやったら?」などはあまりないのですが、

とにかく湧く「煩悩」を相手にしない。

相手にしないと書きますと「相手にしない」と黙殺するようですが、

煩悩のままに動きたければ動く。煩悩を放っておくならそうする。

「認識」する、しよう、の一歩先をと心がけています。

好きな女性と付き合うにはどうするか、

若いころは一生懸命考えたものです。友人にも相談しました。

しかし、こと「信心」「悟り」においては「どうやったら?」は「ない」ところへは

落ち着いてきたように思います。

「助かってみれば、助かることもいらなかった」

と言う言葉がありますが、すでに「信心」「悟り」の中にいるのに

1人もがいている状態です。(私を含めてすべての人が)

その「すでに」を体得すれば、よいのですが、

では「どうするか」。

どうする。はないのですから、煩悩が湧いて来る「場」

「スクリーン」「時の流れ」

この維持だけと感じています。

しかし、悪癖は堅いうろこのように自分を覆っています。

|

« 自転車操業 | トップページ | 一本の道 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565902/54660303

この記事へのトラックバック一覧です: やることは1つなのだが:

« 自転車操業 | トップページ | 一本の道 »