« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

単純にそのまま

先日、朝ごはんを食べている時のことでした。

 最近、少しお腹が出てきたので、

 ダイエットに腹7分目くらいの感じで食べるようにしています。

 自分が食べ終わって、遅れて起きて来た娘の前に、美味しそうなパンが置かれました。

 ん、「食べたいな~」と言う欲求が心の中に湧き起こりました。

 が、その心を、そのままにしようと言う気もなくて、自然にそのままにして

 腹7分目を超えないようにしました。

これまでにも幾度となく、湧き起こる心をそのままにした、ある意味日常で何度も

 そうしているのですが、

 その有り様が、「こんな解決法を自然にしてるんだ」と思ってしまいました。

 この道に入る前でしたら「ダメだ!ダイエット中だぞ!」と心が心で無理やり

 『食べたい心』を抑制していたのでしょうが。

 それからは妙に「そのまま」と言うことが素直な感じです。

 これが「弥陀任せ」と言うことだな、と感じています。

 鬱陶しい亭主さんの最近の記事

 少々くどいですが」に

 「この「捨てる」ってのはですね。「捨て置く」という言葉に置き換えると

 わかりやすくなりますかしら。

 それをそこにあるがままにそのままに置いておけばいいんですよ。委細かまわずに。

たったそれだけのことです。」

 とありました。

 この感じが、絵に描いたようにすんなりと受け取れました。

 「そのあまま、あるがまま」とは???

 から、結局「そのまま、あるがまま」だな。

 ああだ、こうだと思って来たが、

 湧いた心が、そのままになる。

 単純なところへ戻って来たように感じました。

 と言っても、やさしい・しんらん予備校井上さん

 『「もう、どう脳味噌が動いてもいい」

 「そのままがそのことである状態なのだ」と本当に落ち着くことができたのです。』

 とは無理ですが、「そのままがそのことである状態なのだ」

 の雰囲気は分かる気がします。

 継続です。

| | トラックバック (0)

一足飛びには

ご無沙汰しております。

「これ!」と言う変化のないまま過ごしております。

記事には書けるほどではないのですが、自分の中では牛歩の歩みが進んでいる

感じはあるようです。

この2週間は仕事の方がバタバタし、携帯が水没して、スマートホンにしたらパニックになり、

ドタバタしたのは確かですが、書く程のことが無かったのも確かです。

継続です。

| | トラックバック (0)

やれるから、やらない

やさしい・しんらん予備校井上さんは「お酒を飲んだ時には今に乗りやすくなる」

と言われます。

「そのまま・あるがまま」ってことです。

お酒を飲んで、ちょっとほろ酔いの時なんか、その感覚が快感に感じられます。

気持ちの良い時は、その感覚に乗れています。

そのまま・あるがまま です。

「こんちくしょ~」と思う時は、その感覚に乗れません。

そのまま・あるがまま に出来ません。

直視出来ません。認識出来ません。

以前にも書いたことがあるかと思いますが、

インドの聖者ラマナマハリシの言葉に

「人は、自分の望むものが得られた時にのみ、ヤシの木陰に戻ってくる。

それ以外は灼熱の太陽の真下にいる。

なぜ、いつもヤシの木陰に居ようと思わないのか」

(正確な文章ではないかも知れませんが、大意は同じです)

「そのまま・あるがまま」か、認識か、よしやってやろう!

と座って取り組むと、そのまま・あるがまま にはなりません。

座禅しても悟りは開けないのと同じです。

ほろ酔い気分の時、やりやすい(なにもしなくなる)、その気分に任せている。

です。

座って、よしやろう!と何をするか。

自分の煩悩、思いを、ねじり鉢巻きで観察する。

なにくそ!と負けないように頑張る。

でなく、座って、腰を下ろしている椅子との感覚。

その椅子に体重を任せている感覚。

そこに、すでにある時の流、川の流れ、に乗る。すでに乗っていることに気付く。

昨日の井上さんとのメールです。

「月曜日から実生活が始まりますと、乗ろう、乗ろうとしてしまいます。

すると上手く乗れません。

が忙しいと、そのまま片足の引っかけた状態で過ごしてしまいます。

今日の昼に時間があったので少し集中してやれました。

が、やろうとしてたら、片足が引っかかったままです。

そこに気付きました。やれるから、やろう!ではダメで、やれるから、やらない、です。

腰掛けている、その、何もしない、何もしていない時、そこにある感覚に乗るのです。

それからは、午後から仕事しだしても まあまあです。継続です」

井上さんからの返信

「>やろうとしてたら、片足が引っかかったままです。そこに気付きました。

>やれるから、やろう!ではダメで、やれるから、やらない、です。

>腰掛けている、その、何もしない、何もしていない時、そこにある感覚に乗るのです。

■これです。
何も無いのが、本当は真実なのです。ここが重要なポイントです。継続ですね。


| | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »