« すでにのとこ | トップページ | いつのまにやら »

マジ

「弄り回さない」「風通しを良くする」ここに気付いてから、ある意味の迷いは無くなりまし

た。

そこを維持すればいいことがハッキリしました。

今はその努力中です。

まだまだの所ですが、仕事中にワイワイと慌ててやっているのに、妙に冷めて見れている

時を感じれるようになりました。

常にとは行きませんので、本当にこれからも自我の癖との戦いは続きます。

しかし、ここに気が付く前とは随分違います。

以前(おそらく2月頃か)、やさしい・しんらん予備校井上さんが渡して下さったメモ(もしかし

たらもう紹介しているかも知れませんが)に

-

煩悩を観察する、感じる、見るとは、ああ これで良いとか、ああだめだとか、状態を自分

で意識してしますと、依然として自分の言うものが残って、自分と言うものがあって、そうい

う状態を見つめているということです。

経験した、体験した状態と言うものを認める自分があるからだめなのです。

進歩がないのです。

これでは無我、信心の真っ只中とは言えません。

いったん経験したもの、体験したものは、捨てて行かなければなりません。

常に新しく「今」をそのままにです。出てくる思いは出てくるだけの働きがあるだけです。

-

これを頂いた時は、十分のその意味を理解することが出来なかったのですが、今は、「依

然として自分と言うものが残って」と言うことがよく分かります。

最後の「働きがあるだけです」はまだ分かりませんが・・・

要は「弄り回している奴がいる」ということです。

どんなことをも弄り回してはいけないのです。

-

鬱陶しい亭主さんの「目的地」と「修行などできない」を読んで頂ければより理解し易いと

思います。

弄り回さないといっても、頭はああだ、こうだと回転します。それは弄り回しているのではあ

りません。風通しの良い状態では何をしても構わないのです。

先日井上さんに送りましたメールです

-

井上さん こんにちは 3カ月くらい前、 ああだ、こうだの自我が残っているから進歩がない

のです。と名古屋にてお会いした時にメモを頂きましたが、今は、その意味がよく分かりま

す。言い換えると、マジなとこが残ってることです。こうやろう、ああやろう と思い、マジにな

ってるのです。風通しの良い状態では、計らったとしてもマジなとこがありません。また、 マ

ジにになっても、風通しに戻れば、解決します。継続です。

-

井上さんからの返信です。

へいへいぼんぼんが一番です。つねに風通し良くしておけば、い

つでも、いいのです。いつでも自然法爾です。これ真実です。継続ですね。

-

継続します。

|

« すでにのとこ | トップページ | いつのまにやら »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565902/51474173

この記事へのトラックバック一覧です: マジ:

« すでにのとこ | トップページ | いつのまにやら »