« 今年もあと数日です | トップページ | 平生のきざみ »

自覚を自覚する自覚かな?

皆様、明けましておめでとうございます。

記事を書いて殆ど書き終えたところで、ちょっとした操作からすべて消えてしまいました。

多少の脱力感と共に書いています。

年末年始と相変わらずバタバタとしておりましたが、2日に名古屋の近くまで行くことがあり、井上さんにお会いして

お話をして来ました。

「聞法をすてる」と言うお話でした。

今日は発表会です」に書いてありますが、

「煩悩を観察する、感じる、見るとは、

ああ、これでよいとか、だめだとか、状態を自分で意識してしまうと、

依然として自分というものが残って、自分というものがあってそういう状態を見ていると言うことです」

ここのお話でした。

この2日は、「このやり方か」「まだダメだ」「いい感じだな」など聞法くさいものはすべて捨てるように、普通の生活

を心掛けて生活しました。

そうはしていても自然と観察している状態にはなるものです。

2日間続けて、信心も、悟りも、真実も、スケベも、ステーキも同じことだと分かりました。

湧いてくる思いはすべて後手だからです。

「方法もなにも、ただ、あるだけです。本当のことは、その思い以前にあるのですから」やさしい・しんらん予備校

上さん

このことが「自覚を自覚する自覚」鬱陶しい亭主さん

と思われますが、その記事にありますように、私にはハッキリと分かりません。

実用の仏教(その5)  観察=放置=捨てること陶しい亭主さん

に詳しく書かれていますが、私が感じたことは、「観察する自分・・・正確には観察しようとする自分」には動機があ

りますが、悟りたい!と言う臭いものがありますが、その「観察しようとしている自分」を観察していることには臭い

もの(動機)はありません。「悟りたい」も「旨いもの食べたい」「あの娘に会いたい」も同じレベルにあります。

今は「今日は発表会です」にある井上さんの言葉が、体験的に良く理解出来ます。

しかし、まだ、これが「自覚を自覚する自覚」かな?の段階です。

まだこれからです。

|

« 今年もあと数日です | トップページ | 平生のきざみ »

心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565902/50500088

この記事へのトラックバック一覧です: 自覚を自覚する自覚かな?:

« 今年もあと数日です | トップページ | 平生のきざみ »