« 自覚を自覚する自覚かな? | トップページ | あらためて、ことさらに »

平生のきざみ

連休に高知まで出掛けて更新が遅くなりました。

前回の記事を書いてから調子は良かったり、悪かったりでした。

前日出来ていたことが、今日出来ない。ほんと、これの繰り返しです。

そんな自分にため息をつきながら、連休が終わり、やさしい・しんらん予備校井上さんのホームをふと見たところ、

記事の一番最初の「今の身心の状態(本当のこと)」を生きて下さい」が目に留まり、なぜかすんなりと心に入りま

した。

最近、このブログでも同じような意味のことを書いて来てましたが、おそらく100回くらい読んでいる井上さんのペー

ジですが、ここをやろうと思ったことは初めてでした。

と言うことは、今までは意味を分からずに読んでいたことになります。

確かに「今を生きよ!」とは求道していない人でも使います。

過去にクヨクヨするな、明日を心配するな、今を精一杯生きることだ。

こんな感じでです。

しかし、井上さんの「今」は「平生業生とはよく聞きますが「きざみ」です。刻みです。平生の、日常の刻みです。一

刻一刻、一秒一秒、一瞬一瞬です」と書かれています。

今、今、今、・・・・・・の刻みです。

昨日、井上さんに送りましたメールです。

今日、昼に井上さんのホーム「聞法の方法」最初の「今の身心の状態(本当のこと)」を生きて下さい」がなぜか

にすんなり入って来て、やっとここに絞ってやって行こうという気になりました。

なん十回、いや、100回以上読んでいますが、これほど「ここに書いてあることをやろう」と思ったこと

はありませんでした。ここ最近のやり取りで同じような話があったこともありますが「見る」「認識する」では「今の身

心の状態(本当のこと)」を生きて下さい」となりません。見ようと思っている自分がいれば、それが事実ですから、

見ようと思っている心の状態を維持(そのまま)にしている時、すでに「見よう」と言う心はありません。前へ、前へ

進んでいますから、その「見よう」という思いもすでに過去のこととなって行きます。したがって、「見よう」がなけれ

ば「見ている」もないことになります。

「今の身心の状態(本当のこと)」を生きて下さい」を実行していると自動的に色々な煩悩が湧いては消えて行きま

すが、その煩悩を認識する間もなく前へ進んでいます。煩悩を見ていることすら煩悩、とは1月2日にお話ししまし

が、その見ていることすら、前へ、前へ、で、すでにないに近い状態です。

今日来ました井上さんからの返信です。

この調子です。最近わたしが、よく言う認識・意識が湧く、出るだけの状態、状態だけなのです。

つまり、あるがまま(何が湧いてきても)でいいのです。そのままでいいのです。

今朝は、昨日の状態、状態と言いますか、平生の、日常の刻みの状態にすんなりと入れました。

日々変化があるように進歩していけばブログを書くのも楽しいのですが、ウンウンと唸ってばかりですと、

ブログ更新も間隔が空いてしまいます。が、私の拙い今の経験を読んで下さる方がおられると思うと、頑張らね

ば、と言う思いが湧いて来ます。

模範解答のようなブログでなく、本当に済まなく感じています。

鬱陶しい亭主さんも井上さんも、「まず6ヶ月やってみましょう」と言われてます。

何とか6ヶ月で(3月一杯)で何らかを感じたいと思っています。

|

« 自覚を自覚する自覚かな? | トップページ | あらためて、ことさらに »

心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565902/50565453

この記事へのトラックバック一覧です: 平生のきざみ:

« 自覚を自覚する自覚かな? | トップページ | あらためて、ことさらに »