« 山あり谷あり | トップページ | 井上さんからのメール »

やることは1つのみだが

ここ数日は「ダメだ!」と言う日はないようです。

注意力さえあれば、そのまま・あるがままが出来、以前に比べて、集中してやれる時は、精度が増したような気も

ます。

上手くやれた日の夜、明日はどうなのだろ?また、まったくダメな日にならなければいいが・・・と言う心配をしない

でもいいようになって来ました。

問題は、いかに持続するかです。これからの課題です。

「ただ向き合うしかない」鬱陶しい亭主さん

以前にも書きましたが、「向き合うしかない」のですが、その、それしかないことをするのが難しいものです。

「向き合いたい」と思っても、向き合えないものです。

やることが1つしかないことが出来ないことが辛いものです。

この数日は、仕事中でも、注意力が低下していた時に、「向き合う」ところへ戻すことはいつでも可能になったよう

です。

「頭の風通しを良くする」やししい・しんらん予備校井上さんから聞いた言葉。

「離れる」鬱陶しい亭主さん

時の早さに負けないように、前へ、前へ」井上さんから聞いた言葉。

すべて「向き合う」ことと同じですが、ゴルフのレッスンと同じで、自分に合うものがあるようです。

今日は忘年ゴルフと打ち上げがあります。

注意力を切らさぬように、頑張ります。

|

« 山あり谷あり | トップページ | 井上さんからのメール »

心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565902/50213703

この記事へのトラックバック一覧です: やることは1つのみだが:

« 山あり谷あり | トップページ | 井上さんからのメール »