« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

今年もあと数日です

今年も数日となり、ブログを始めて3か月が経ちました。

この2週間は毎日飲みがあり、「繁華街でみんなとワイワイ酒を飲んでいる時もやさしい・しんらん予備校井上さ

と書いてありますが、毎日の生活を送るのがやっとのような状態でした。

自分なりには、いつも「そのまま・あるがまま」を心がけていた積りでしたが、今年最後の記事に「これだ!」と言う

ようなことを書くことが出来ませんでした。

ただ、最初、がむしゃらにやって来ましたが、力の抜きどころと言いましょうか、「すでに」と言いましょうか、

井上さんにも言われましたように「探すのでない」ところを何とか感じているのではと思っています。

少し乱れますと、すぐに「探して」しまいます。調子いいぞ、と思っていても、翌日には黙阿弥になってしまいます。

そんな自分が情けないと感じるばかりですが、ブログを始めた以上は、遠回りをしようとも何とか成し遂げたいと

感じております。ブログに関係なく、この自分の煩悩の収まりどころをハッキリしなければため息の人生ばかり

送らないといけません。

来年も進めて行きたいと思います。

それでは、皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

| | トラックバック (0)

今日は発表会です

「力を抜いて」「構えない」状態。

「やろう!」と湧いたらそのまま自然に切れて行く状態の維持をやって(やらない、何もしないのこと)おりますが、

本日は、以前書きましたボイストレーニングの発表会があり、長渕剛さんの乾杯を歌います。

発表会はこれで3度目ですが、歌を歌う前、歌う時に何が一番心配かと言いますと、歌詞を途中で忘れてしまうの

はないか?という不安です。私の場合、それが心配の7割です。やってみないと分からないものです。

発表会の練習が、飲み会が・・・そんな、こんなを理由にして、ブログに書けることがありませんので、以前、やさし

い・しんらん予備井上さんから頂きました文章を載せさせて頂きます。

「煩悩を観察する、感じる、見るとは、

ああ、これでよいとか、だめだとか、状態を自分で意識してしまうと、

依然として自分というものが残って、自分というものがあってそういう状態を見ていると言うことです。

経験した、体験した状態というものを認める自分があるからだめなのです。進歩がないのです。

これでは無我、信心の真っ只中とは言えません。

いったん経験したもの、体験したものは、捨てて行かなければなりません。

常に新しく「今」をそのままにです。

出てくる思いは、出てくるだけの働きがあるだけです」

| | トラックバック (0)

今の自分の状態以外に求めない

もんもん訂正しますに書きました「どんなことがあっても 今の自分の状態以外に 求めない

こと」やさしい・しんらん予備校井上さん

何度も同じような言葉が出てしまいます。

本当に、こびり付いているようですが、この最近は、「求めよう」とする心が少なくなって来

ました。

その時、その時の自分の姿のみの確認に徹して来ていると思われます。

「求めよう」が湧いても、自然に切れて行きます。

空いた時間に「よしやろう!」とは思いますが、やることは「どうやって?」ではなく、

その時の自分の状態を淡々と見ているだけです。

隣でネコが鳴けば、ネコが鳴いたな。スケベな心が湧けば、スケベな心が湧いた。

その時、その時の自分そのものです。

しかし、本当に連日連夜の飲みのため、なかなか落ち着いてやることが出来ない日々で

あります。もちろん、こうしてブログを書いている間も、継続しながら書いているのではあり

ますが。

もう少し時間が必要と思われます。

| | トラックバック (0)

ただのただ

やることは1つのみだが」に、

『「ただ向き合うしかない」鬱陶しい亭主さん

以前にも書きましたが、「向き合うしかない」のですが、その、それしかないことをするのが

しいものです。「向き合いたい」と思っても、向き合えないものです。

やることが1つしかないことが出来ないことが辛いものです。』と書いています。

前回のやさしい・しんらん予備校井上さんのメールは、まさにこの「やることは向き合うこと

みしかないと思っているのに、向き合うことが出来ない」

ことのヒントだったと思います。

『ただ』というところを本当に守る。井上さんのメールより

この「ただ」が難しいものです。

「ただとは?」と思っていると「ただ」ではありません。その思ってる心を観察する、井上さん

流に言えば、その心を今に乗せる。この「今」が「ただ」のことと思います。

泥沼に埋まった両足を抜こうと思っても、片足を抜けば、抜いた足がすぐに泥沼に埋まる

如く、煩悩はこびり付いて来ます。どこからともなく、いつのまにかこびり付いています。

これが「ただだ!」と思ってるその間にもこびり付きます。

自分で『やれた』という意識が残ってしまう。その為に悶々(もんもん)となるわけです。その

悶々という問題意識を問題意識そのものになってみる。井上さんのメールより

「やれた」自分が残ってこびり付いてしまうと、あの時のように、とか、どんな感じで出来た

んだろう、とか、こうだったかな。とか、どんどん湧き出てしまいます。

これでは「ただ」ではありません。

かと言って「やれた!」と思ってはいけないのでなく、「やれた!!」と思ったら、その思いを

その時、限りにすることです。その積もりになっていてもどこからともなく「あの時の感じ

で・・・」と煩悩がこびり付こうとして来ます。その時は問題意識そのもの「思い出そうとす

る、考えようとする???」この「???」をそのまま観察する、今に乗せて、そのものにな

ることで正しいポジションを維持すると言うことです。

正確には、正しいポジションを維持していれば自動的に「???」が観察され、乗せられ、

そのものになります。

では、どうすれば正しいポジション、煩悩と「向き合う」ことが出来るか?

これが問題です。

しかし、これでは、まさに泥沼両足状態です。

でも、「どうやって」・・・・・・

「どうやって」を観察します。正確には自動的に観察している。

です。

現在は、ここをやっています。

もう少し確実になれば書かせて頂きます。

季節柄飲み会が多く、嬉しいような、嬉しくないような気持ちです。

| | トラックバック (0)

井上さんからのメール

少し間が開いてしまいました。

今回は、やさしい・しんらん予備校井上さんとの、昨日のメールのやり取りを書かせて頂きます。

①「 短時間とか、遅れていても、今に戻ることはやれるのですが、それを長時間維持するこ

がなかなかです。確かに、これが出来れば、こちらの努力で出来ることはもうないので、そう簡単ではないと思

いますが、ここを維持すればよいと分かっていても出来ない、こんな状況です。井上さんはどうでしたか?」

①井上さん「そのまま・あるがままは、常に『「結果』となっています。結果ですからその場その場の『縁』にまかせ

くのです。やれた時も、やれない時もどんどん捨てていく。縁にまかせて一切手をつけない、かまわないでお

く。れです。そのまま・あるがままになろうとするから、なろうと知恵を働かすからいけないのです。

知恵を働かす事なく、耐えるのです。『ただ』というところを本当に守る、『そのまま』にしておく努力、現状のままで

いられる努力。これを耐えてやるのです。私は認識が一番苦労しました。認識とは、いろんな思いなど、そうなる

そうする働きがあるだけ、だけ。だけ。で気づきました。いかがですか?」

②私「以前にも書きましたが、2年半前に、ドヒャ~と言う出来事があって落ち込んだ時、「煩悩のまま」と思って、

動機も、何もなく1時間半くらい座っておりました。すると色々考えているのに、全く遅れない、そのままに自然

っているのです。何年もダメだったのに、出来ている。すぐに井上さんに「遅れないんです」とメールしました。

んは「これです、これです」と返信を頂きましたが、仕事が始まってドタバタしているうちにその感覚もなくな

りまた。以後、何度も同じようにとやりましたが、そのようにはなれていません。今回のメール、縁、縁で起こる思

「耐える」そのままにする。やることはこれだけです。昼休みが今日は長いので集中してやってみよう(何もし

ことを)と思います。」

②井上さん「縁、縁で起こる思いに『耐える』そのままにする。やることはこれだけです。それでいいです。しかし、

ぜ、それで真実がわからないかといいますと、『そのまま』である。自分では『そのまま』と思っているその考えが

るからです。自分で『やれた』という意識が残ってしまう。その為に悶々(もんもん)となるわけです。その悶々と

いう問題意識を問題意識そのものになってみる。これが必要です。継続ですね。」

③私「自分で『やれた』があれば『やれない』がある。『いい』があれば『悪い』がある。『やれた』も『やれない』も時

れに乗せる。と解釈するので正しいですか?」

③★井上さん「ここは『やれた』があれば『やれない』がある。『いい』があれば『悪い』がある。『やれた』も『やれな

い』も時の流れに乗せる。そうです。それでいいです。『やれた』『やれない』にとらわれず、そのことを忘れて、又、

そのことを消して『今』に乗る。そのまま・あるがままになる。もう、『あるがまま』になっているのですから、そのまま

縁にまかせて、時の変化に乗せて、無常のままにまかせるのです。」

④私(印の返信がある前に送ったものです)

☆「『やれた』『やれない』の奥にある『???』でしょうか?」

④井上さん「『???』とは、何か特殊なものがあるように思うかも知れませんが、特殊なものでなく、実はご自分

の身体は五臓六腑の働きだけ、働きそのものであるという事です。働きそのものの状態があるという事です。そ

の働きそのものを、ご信心・ダンマ・法・無我・空をいうのです。自らが『ご信心・ダンマ・法・無我・空』そのものであ

ったと気づく事です。ここは大切なところです。はい。」

⑤私「二通目(☆印)のメールから少しして送った積もりが、井上さんから返信ないので確認したら、保存フォルダ

入れてました。

以下の文章でで間違いないと思います。今までのミスが理解出来ました。このすぐ前のメールは特にダメです。正

はこのメールです。→→→「やれた」「出来ている」は過去のことです。『やれた』が湧いてもそれも縁。すべて切

って、切って、問題意識も切って、今、今、今の新しい縁に耐えること。これならどうですか?」

⑤井上さん「何が起こっても、何があっても、切って、捨てて、捨てて、只ある。『今』すなわち時の流れ『今』に乗っ

行く。これです。上記でいいですよ。いいですね。」

以上です。

私の3~5通目は、井上さんからの返信がある前に、自分の解釈の変化を書いて短時間に送ったものです。

時間的経過としては

となります。まだメール後短時間のため、自分の経過、メールの解釈は次回に書かせて頂きます。

| | トラックバック (0)

やることは1つのみだが

ここ数日は「ダメだ!」と言う日はないようです。

注意力さえあれば、そのまま・あるがままが出来、以前に比べて、集中してやれる時は、精度が増したような気も

ます。

上手くやれた日の夜、明日はどうなのだろ?また、まったくダメな日にならなければいいが・・・と言う心配をしない

でもいいようになって来ました。

問題は、いかに持続するかです。これからの課題です。

「ただ向き合うしかない」鬱陶しい亭主さん

以前にも書きましたが、「向き合うしかない」のですが、その、それしかないことをするのが難しいものです。

「向き合いたい」と思っても、向き合えないものです。

やることが1つしかないことが出来ないことが辛いものです。

この数日は、仕事中でも、注意力が低下していた時に、「向き合う」ところへ戻すことはいつでも可能になったよう

です。

「頭の風通しを良くする」やししい・しんらん予備校井上さんから聞いた言葉。

「離れる」鬱陶しい亭主さん

時の早さに負けないように、前へ、前へ」井上さんから聞いた言葉。

すべて「向き合う」ことと同じですが、ゴルフのレッスンと同じで、自分に合うものがあるようです。

今日は忘年ゴルフと打ち上げがあります。

注意力を切らさぬように、頑張ります。

| | トラックバック (0)

山あり谷あり

ブログを始めてから2か月が経ちました。

ブログを始める前よりは進歩を感じられますが、2か月なりのと考えると良く分かりません。

調子の良い日は、このまま行けば大丈夫!な気持ちになりますが、調子が悪いと、「自分には無理なんかな?」

なんて気持ちになります。山あり谷ありしながらでも、進歩してればと思います。

調子が良い時は、よし、ここをブログに書こう!と思っていますが、ダメな時は「書くことないな~」となります。

もし「何があっても大丈夫」なんて心持になれたら、良い時ばかりでなく、悪い時の状態を書いておくのが読んで下

る方の参考になるのかなと思います。

月曜日の朝、目が覚めて布団の中で、半分眠ったり、起きたりの状態で そのまま・あるがままを続けていました

。不思議と湧きあがる煩悩、例えば「不安」の感覚が「不安」だとは分かるのですが、それほど苦に感じません。

こんなことを60分くらい続けて起きました。その時の感覚を大事にして一日過ごすと、忙しいちょっとした時でも自

分の心を観察することが出来て、一日が充実した日でした。

火曜日も朝も早く目が覚めたので90分くらい同じように布団の中でやってました。が、30分くらいで思考が回転し

過ぎて完全に覚醒した状態になり、それでも60分ほどもんもんとやってました。この時はもんもんでも、ほぼその

まま・あるがまま を維持出来ておりました。

起き出して60分くらいは自然に、何の意識もしなくても そのまま・あるがままでおりましたが、家族が起きてき

て、いつもの騒がしい朝が始まるとコントロール不可能になり、その日はダメな1日でした。

上手く出来ている時の嬉しさより、出来ない時の辛さの方が大きいですね。

ネガティブな感情が湧いて来ます。ブログを書くのも気が重くなります。

今日は、午前中、すこしゆっくりする時間があったので、昨日よりは良い感じですが、もう一歩と言う状態です。

何かハッキリしたことを書きたいと思うのですが、現状はこんなものです。

継続です。

| | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »