« 日本オープンを見ながら | トップページ | 三叉神経痛とそのまま・あるがまま »

尺取虫と真実

先日の「日本オープンを見ながら」の最後の部分に書きました、「ちょっとしたやり方で回

復しました」とは、気持ちが散乱して、「これじゃいけない!と思ってもすぐに散乱してしま

う。この繰り返しの時。私が飲み屋で偶然した行動は、目の前のグラスを数秒見つめ、顔

をそのままゆっくりと円を描くように動かして視線を一回転させて、またグラスを数秒見ま

す。この時視線はどこにも焦点を当てません。

これを数回繰り返します。そして、そのまま前を見ると、不思議と感じが良いのです。

少し自分の中で検証しました。やり方は、顔をくるりと回さなくても、グラスを数秒見る、視

線をゆっくりと動かせて数メートル先の灰皿を数秒見る、同じように反対側の入り口のドア

を数秒見る。見るものは何でも良いと思います

が、少し集中して、それから少し視線を移動する繰り返しが良いのだと思います。

インドの聖者「ラマナ・マハリシ」の言葉の中に次のようなものがあります「エゴとは尺取虫

のようなものである。次から次と湧いてくる思いに取り付いて行く。1つの思いから、次の

思いに取り付く間(ま)の感覚を維持しなさい」(一字一句正確には覚えていないのです

が、意味は間違いありません)。

グラスを見ることで、集中と言う行動が行われます。次の対象物に動くまでは、なんにも意

識を留めていません。この繰り返しを行うことで、尺取虫が次の獲物を捕らえるまでの間

(ま)が体感できるのだと思います。

やさしい・しんらん予備校井上さん「なにものにも思いをとどめない状態の維持」この状態

をわいわいと飲んでいる時に再現することになるのだと思います。大事なのはグラスに集

中することではなくて、次の対象物に移る時の自分の感覚だと思います。

以後は、家でも少しうまく行かない時にやっています。

いろいろな工夫があると思いますので、私の例は、もしかしたら私にしか通用しないかも

知れません。

そのまま・あるがままと言われて、まったくちんぷんかんぷんの時、こんな方法で、自分の

心を少し見れるようになるかも知れません。

以前は、自分のパソコンのフォルダー内にあるものでやったのですが、先日、少しやって

みたのは、検索エンジンの画像検索を使います。で、何でもいいので検索します。「秋」で

も「家」でも、そして、その検索結果をスライドショーで見ます。私の場合は少し間隔が長め

の方がいいようです。スライドショーはYahooより百度(バイドゥ)の方がいいみたいです。ち

ょっとした時間にフットワークみたいな感じでするのも良いかも知れません。

1つの画像が出ると、頭に何か思い浮かびます。と間もなく次の画像に移り、違う思いが

また浮かんで来ます。これを繰り返すことで、思いを意識できる感じが分かるかと思いま

す。

鬱陶しい亭主さん自分の身体は今どういう状態であるのかを観察してください。もっぱ

ら内臓感覚や皮膚感覚を動員して自分を観察せよ-と書くと理解しやすいでしょうか。頭

部はどうか胸部はどうか腹部はどうか手足はどうか皮膚はどうか筋肉はどうか尿意はどう

か便意はどうか体温はどうか呼吸はどうか・・・・自分の全身をくまなく頭の先から足の先ま

で感じ続けるのです。その感覚の変化を感じることができるようにするのが狙いです。」

と書かれています。

私の求道のごく初期に読んだキリスト教の方の本には「横になって、右手親指の感覚を感

じて下さい。次に右足の親指の感覚を感じて下さい。そして左手親指、左足親指と感じる

ことを繰り返して行って下さい」と指導してあるものがありました。その当時は、こんなこと

で真実が分かるわけないじゃないか!とすぐに止めましたが、今から思えば、こんな単純

なことが真実の入り口でした。

が、正直言って「こんなことしてて、「もう、どう脳味噌が動いてもいい(井上さん)」なんてな

るのかと思います・・・・・がそんな時は、

鬱陶しい亭主さん自分の思いを放置していると「こんなことを続けていて良いのだろうか」

という思いがしばしば沸いてきます。心はフラフラ揺れ続けて止まりません。その揺れが思

いを絶対視する方向に振り切れてしまわないように引き止めることができるのは冷徹な事

実認識のみだろうと思います」

「これでいいのか?」が湧いても、「これで」の先頭から、「いいのか?」の後姿まで、冷静

な事実認識で、自動的に切れて行くのが理想と思いますし、ここを長く保つことが今の目

標です。

「もう、すでに、「あるがまま」なのですから、その思いもふくめ、わいてくるままにおまかせ

です。(井上さん)」

|

« 日本オープンを見ながら | トップページ | 三叉神経痛とそのまま・あるがまま »

心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565902/49796291

この記事へのトラックバック一覧です: 尺取虫と真実:

« 日本オープンを見ながら | トップページ | 三叉神経痛とそのまま・あるがまま »